お問合せ

NEWS

TOPNEWSOTHER > 持続可能な趣味づくり【ドラム編2】

OTHER

持続可能な趣味づくり【ドラム編2】

Title Banner & Illustration:Emi Kusano(DTP team)


DTPの荻原です。2019年も2ヶ月近く経ちますが、今年何か始めた方もいらっしゃるのでは?
弊社も常に新しい事に取り組んでおります!ドローンサイトやより力を入れ始めたinstagramをご覧ください。

前回からドラム続いてます! 
LITEの山本先生に教わりつつ、今は曲に挑戦しております。

今回は、人によっては当たり前では?…今頃気づいたのか…というツッコミが入りそうですが、
ドラムを始めようとした経緯も入れつつ…書きました。

多数の習い事 〜やる前=気分が上がる、やり始める=気分が下がる〜

社会人になってから多数の習い事をやりました。
速読/webデザイン/英会話/日本舞踊/茶道/ヨガ/ピラティス/気功/野菜作り/漢方/占い/絵画/ギター/ウクレレ/ピアノ/ベース……
*怪しげなものもありますが…続いたとしても半年程度。

新鮮な気持ちで最初は突っ走るのですが、段々と億劫になっていきフェイドアウトしてました。

色々やってから気づいたのですが…
やる前は「楽しそう!」と頭の中でワクワクなイメージなのですが、
実体験すると「?」という違和感が心のどこかで芽生えておりました。

その違和感は日が経つにつれ、やりたい気持ちより大きくなっていき、
やる前=気分が上がる、やり始める=気分が下がる→やめるという繰り返しでした。

それとは逆で、やってみて「楽しい!」と思った後に 
頭が「ストップ!」をかけて終了することがありました。

今回のドラムがまさにそれで、昔初めて遊びで叩いた時に楽しいな♪と思ってました。
ですが、すぐに頭が「家でできる楽器ではないから、現実的じゃない…」と拒否してました。

手軽に練習する方法はあるし、スタジオでドラムセットを借りればできるのですが、
思考が「できない」と止めてしまい、体験した「楽しい」記憶は忘却の彼方へ…

それが昨年見たライブで衝撃を受け、葬られていたドラムを叩いて楽しかった記憶が蘇り、
いつのまにかスティックを注文していた次第でした!

 

やってみて、気分が上がることをやる

趣味って楽しむものですよね?
沢山の習い事に手を出していた時は、その基本的なことが抜けていたようです。
やる前に「良さそう!」と頭で思っても、やってみた時の「あれ?」という違和感のまま続けてしまい、
最終的には「行かなくては…」という義務感になってました。

つらつらと書きましたが…
要は、実際やってみて楽しく感じて
気分がわーっと上がることを やれば持続可能!と思いました。


習い事探しの旅もようやく終りを迎えました(と思いたい…)。
ただやめてしまった様々な事も無駄ではなく、
やる前よりは、ちょっぴり広い視野を持てるようになったと…プラスに考えます!

この記事を書いた人

荻原 かおり KAORI OGIWARA
たいせつにしますプライバシー17003642(01)